FC2ブログ



neuしゅてるん☆210

Prev  «  [ 2018/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

しゅてるん

Author:しゅてるん
neuしゅてるん☆主宰

neo
earth of
underground

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

時の彼方

今年も残すところ
あと2か月あまりと
なってしまい

初雪も降り

なんだか
気持ちばかり
あせる
このごろ・・。

1日
1週間
1か月
1年

私たちは
だいたい
こういうタイムスパンで
暮らしている。

そして
あっという間に
過ぎ去っていく
これらの時間よ!

過去を振り返れば
自分の生きた年数分だけは
なんとかリアルに
実感できる。

今月は誕生日を迎え、
54年の歳月が
私の周りを
くるくると回っている。

いろんな思い出が
小惑星のように
くるくる
くるくる
回っている。

そして、思う。

あと50年後は
間違いなく
この世に
いね~な。

40年後だって
無理だろな。

30年後だったら
まだ生きてるかな?

一人の人間の
生きる時間は
案外短いものだ。

1日の命しかない
カゲロウと
実はそんなに
大差ないのでは
ないかと思ったり
するのは

縄文時代を
想うときだ。

縄文時代は
何万年も
続いたという。

(何万年という
 時間の感覚は
 スケールが大きすぎて
 まるで実感がわきませんな)

そう考えると
この2000年余りの
西暦など
短く感じられる。

(何千年でも
 実感わかね~)

縄文の遺跡から
1000年とか
1500年もの
長い期間、
ずっと完成させずに
作り続けられた
土盛りやモニュメント
のようなものが
出土している。

(ガウディのサグラダファミリア教会
 の1000年バージョンと考えると
 いいのか?)

なぜなのかは
もちろん
わかっていない。

自分の生きていられる
歳月を超えて
未来につなげていけるものを

“完成”という
未来に閉じたものではなく

”未完成”という
未来に開かれたもの

つまり
”希望”を託そうと
したのかもしれない。

私の中にある
願いや希望という
想い(エネルギー)も
時の彼方の
未来の誰かの心に
届くとすれば

(量子物理学的には
 可能なんじゃないかのぅ)

死のハードルも
軽やかに
超えていけそうだ。

今日の元気度
私の拙文が
素敵な本に
なりました!
出版部数1部?
夢がひとつ叶いました。
さちこさん
ありがとう!!!
5ハイジ


スポンサーサイト

C

omment


プラトンの宇宙年(約26000年)を365で割ると人間の寿命になるそうです(今は栄養や医療技術などによりもっと長くなっていますが)

カゲロウの一生は地球の1日
人間の一生は宇宙の1日

永遠の存在から見ると、大差ないのかもね。

本は、あと数冊なら増刷可能です。
必要があればご用命くださいませ♪

さちこ URL | 2016/10/26 21:27 [ 編集 ]


ワガママかもしれませんが…

『本、読みたいですッ!!
サインしてもらえますか?!』

すぷーん URL | 2016/10/26 21:55 [ 編集 ]


さちこさん
人間の一生は宇宙の1日
なのですね。
どうりで長いようで短いわけですな。

しゅてるん URL | 2016/10/28 06:50 [ 編集 ]


すぷーんさん
来週いらしたときに
ご覧になってくださいませ!

しゅてるん URL | 2016/10/28 06:52 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://stern302.blog24.fc2.com/tb.php/649-02ebcdf4


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード